コストやマンパワーを抑えて提供
ホスティングサービスを始めるなら

GMOクラウドのOEM

OEM制度について

セールスパートナー制度は、GMOクラウドの商材を安価に仕入れて販売、ご利用いただく制度です。
一方でOEM制度は、サーバー構成やコントロールパネルのカスタマイズを行い、
GMOクラウドの商材を自社オリジナルブランドとしてお取り扱いいただけます。

このような法人さまへおすすめします

開発や運用のリソースを
削減したい

カスタマイズして
販売したい

こんなお悩み、お持ちではないですか?

ホスティングビジネスの問題点をOEMで解決

お悩み

費用
費用がネックで
ホスティングビジネスを始められない

解決!

サーバー費用のみで
安価にホスティングビジネスをスタート
サーバールームやネットワークにかかる費用は不要。GMOクラウドのOEMなら、初期費用+月額費用のサーバー料金のみで費用を抑えてホスティングビジネスをスタートできます。

※保守運用については、別途ご相談ください。

お悩み

費用
開発や保守運用を
できる人員がいない

解決!

自社サービスを
カスタマイズして提供可能
開発面がネックでホスティングビジネスを始められない方のため、貴社ホスティングと組み合わせた独自サービスの展開をサポート。プラン内容やコントロールパネルのカスタマイズが可能です。弊社のサービスに独自のCMSツールを組み込んで、商品化することもできます。

お悩み

費用
サーバーの運用・管理に
時間や人員を割けない

解決!

GMOクラウドが
サーバー管理を代行
移行代行や、リリース後の保守・運用もおまかせ!
サポートパートナーに、開発中のサポートからリリース後の保守・運用をまかせることが可能。また、労力の必要な移行代行も、小規模から依頼できます。移行作業や保守・運用業務に時間をかけずに済むので、営業活動や開発業務に専念することができます。

コストメリットが大きいOEM

GMOクラウドOEM制度なら、いただくのはサーバー費用(初期費用、月額費用)のみ!

サーバーや回線を自社で用意する場合とGMOクラウドのOEM制度を月100件利用する場合を比較すると… ※1

  • ※1 保守運用費用は、別途ご相談ください。
  • ※2 オンプレミスの費用は、GMOクラウドの直販価格で計算しております。
  • ※3 OEM制度は共用サーバーを月100件ご利用いただく場合の想定金額です。件数やサービス、プランによって金額は変動します。
オンプレミス OEM制度
初期費用 月額費用 初期費用 月額費用
ハウジング費用 0円 60,500円 0 0
ネットワーク費用 258,500円 157,300円 0 0
サーバー費用 286,000円 60,940円 150,000
(1,500円/1件)
60,000
(600円/1件)
マネージドサービス費用 275,000円 55,000円 0 0

高額になりがちなネットワーク費用やマネージドサービス費用を抑えられるので、
コスト面を気にせずにホスティングビジネスを始めることができます。

ブランドもサーバー構成も、自社仕様にカスタマイズ

OEM専用プラン

GMOクラウドで提供しているプランを、貴社向けにカスタマイズできます。プラン名に加えて、サーバー構成のカスタマイズも可能です。

基本のプラン
プラン1 プラン2 プラン3
基本プラン
プラン名 ミニ レギュラー プロ
ディスク容量 200GB 400GB 600GB
マルチドメイン 60個 90個 120個
メール関連
メールアドレス数
(POP/APOP)
10 無制限 無制限
メールウィスル
除去サービス
メーリングリスト
(一斉配信機能)
-- 最大6個 最大7個
アプリケーション関連
Movable Type オプション 無料オプション 無料オプション
WordPress
/EC-CUBE

OEM用にカスタマイズしたプラン
プラン1 プラン2 プラン3 プラン4
基本プラン
プラン名 S M L XL
ディスク容量 100GB 300GB 700GB 1000GB
マルチドメイン 10個 60個 120個 180個
メール関連
メールアドレス数
(POP/APOP)
10 無制限 無制限 無制限
メールウィスル
除去サービス
メーリングリスト
(一斉配信機能)
最大5個 最大10個 最大30個 最大50個
アプリケーション関連
Movable Type 無料オプション 無料オプション 無料オプション 無料オプション
WordPress
/EC-CUBE
OEM機能の
ソフトウェア
/アプリケーション
(インストール済)

OEM専用コントロールパネル

ロゴやテーマカラーを変更できます。貴社オリジナルのコントロールパネルとして、エンドユーザーへ提供が可能です。

基本のコントロールパネル

OEM用にカスタマイズしたコントロールパネル

充実のサポート体制

保守・運用

サービスリリース後の保守・運用は弊社のスタッフにおまかせください。専門知識の豊富なスタッフをアサインすることができます。

オンプレミスの場合

24時間365日、夜間も含めての管理が必要

トラブルが起きた時の対応や立ち合いが必要

GMOクラウド OEM制度の場合

休日、夜間も
弊社スタッフがトラブル対応

移行代行

数百件の小規模から移行代行を承っています。弊社で開発した移行ツールを使用することで、移行期間の短縮、ミスの低減、スムーズな移行をかなえることができます。

事例

大手通信事業会社さま

移行代行・サポートをおまかせいただき、マンパワーの節約に成功

期間

2016年1月~12月23日(約1年間)

件数

300契約

契約前に利用していたホスティングサービスから弊社共用サーバーiCLUSTAへ移行。OEM契約を締結し、サービス提供を開始しました。移行期間中のサポートもGMOクラウドにおまかせいただくことで移行に必要なリソースを最小限にすることができました。

移行に伴うサポート業務もおまかせください!

エンドユーザーへの
サポート

エンドユーザーへの
告知作業

特設サイトの
作成

GMOクラウドなら開発時~リリース後までのサポートがあるので、コストだけでなくマンパワーの削減も可能です。
「費用もリソースも不足している」「社内に専門知識を持っている人材がいない」「会社規模が小さいので社内に人を抱えられない」場合でも、専門知識と経験が豊富なスタッフの手厚いサポートが可能なため、安心してホスティングビジネスを始めることができます。

サービス提供までの流れ

自社ホスティングサービスとしてご提供

まずは要件を定義した後で、それにマッチした商材(クラウド・ホスティング)をご提案します。その後、サーバー構成やコントロールパネルのカスタマイズを行い、貴社基幹システムに連携した後にサービスリリースとなります。

サポート代行

OEM可能な商材

レンタルサーバー

稼働率100% 冗長構成で安定稼働を支えます

レンタルサーバーは安価で利用できる一方で、障害発生時に主要されているすべてのサーバーが影響を受けてしまうリスクを抱えています。iCLUSTA+はこのようなリスクを回避するために作られたレンタルサーバーです。障害要因の可能性となる構成要素をすべて冗長化(もしくは複数構成化)し、高い対障害性と稼働率を実現しています。


国内シェアNo.1!GMOグローバルサインブランドの独自SSL・アルファSSLが無料で使えます

GMOクラウドでは、本来有償のSSLであるアルファSSLを無償化し、お客さまに提供しています。詐欺サイトの96%は無料SSL(Let's Encrypt, Comodo)を利用しているため、認証局を持つGMOグローバルサインのグループ企業として、フィッシング対策を行っているアルファSSLを提供しています。

WordPress運用を考えつくしたレンタルサーバー

あんしんWPサーバーはWAFを標準搭載しています。そのほかに、標準提供しているセコム社の不正侵入防御(IPS)や定期セキュリティ診断、DoS/DDoS対策、Webウイルスチェックも組み合わせることで、より安心安全にWordPressを運用いただけます。Webサイトの高速表示対応のほか、他社サーバーからの移転、複数サイトの管理も簡単にしていただけます。


常時SSL&CDNによる高速表示

Webコンテンツの高速配信を実現するCDNサービスの「Speed Kit」を無償提供。動画や画像など、容量の大きいコンテンツ配信を負荷分散し、表示速度の低下を防ぎます。これにより、表示速度を最大5倍向上することが期待できます。

GMOクラウドがビジネス拡大を手厚くサポート! お気軽にご相談ください

03-6415-6150

受付時間
平日10:00~18:00

OEM制度 お問い合わせ

バナーを開く

PAGE TOP